四角すぎる字を直す方法

一見すると丁寧に書いているような印象がありますが、本来目指すべき美しい字とは決して言えませんので改善しましょう。

サイトマップ

四角すぎる字
トップ > 四角すぎる字

丸字の反対で、字がやたらと角張っているのがこのクセ字の特徴です。一見すると丁寧に書いているような印象がありますが、本来目指すべき美しい字とは決して言えませんので、やはり改善した方がいいでしょう。

四角すぎる字になる原因

これは「丸すぎる字」の反対で、きちんと書こうとするあまり、字の角を意識すぎるクセ字のひとつです。このような字を書く人は、ボールペンを強く握りすぎたり、すべての線に筆圧を強くかけすぎている傾向があります。

四角ばっているときっちりした印象になると思われがちですが、文字そのものの美しさの観点から見るとこのクセ字はおすすめできるものではありません。漢字本来の点や線を無視してすべて四角ばって書いてしまっているので、字にリズム感がなく、どこか冷たい印象を与えてしまうからです。

例えば、このようなクセのある人は、「口」という字がほとんど正方形になる傾向が強いです。縦の線が少し内側に入っている「口」という字と、ほぼ正方形の「口」という字を比較すれば、字の美しさのレベルは一目瞭然です。

四角すぎる字を直すには?

四角すぎる字を直すためには、リズムが出るように筆圧に変化を加える必要があります。具体的には、他のクセ字同様、ポイントポイントで休みをいれるようにします。

それだけでも筆圧が常に強くなるのを防げますし、すぐに手が疲れることもなくなります。このクセ字を書く人は肩こりにもなりやすくなりますから、ぜひ改善することをおすすめします。

人気の上達法

随時更新中

第1位
伝統山下流
DVDでペン字指導の第一人者のノウハウが学べる画期的な商材。「書き方の法則」を知らないと字はきれいになりません。当サイト管理人も実践したイチオシ上達法!
第2位
がくぶん
がくぶん総合教育センターが運営する日ペンの通信講座。
第3位
ユーキャン
通信講座最大手、生涯学習のユーキャンによる通信講座。