おすすめトレーニング

まっすぐな線を書けるようになるための具体的なトレーニング方法を紹介したいと思います。

サイトマップ

おすすめトレーニング
トップ > おすすめトレーニング

自分の字に悩んでいる人にとっては、きれいな字を書く条件である「まっすぐな線を書くこと」こそが難しいと感じていらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、具体的にどのようなトレーニングをすればいいのか紹介したいと思います。

定規や使ってまっすぐな線を書くトレーニング

いきなりフリーハンドで練習するのではなく、最初は定規を使ってまっすぐな線を書いてみます。実際に字を書くときの線は定規で書いたような直線ではありませんが、このトレーニングではまっすぐな直線を書く感覚を身につけることが狙いです。

書く紙なんでも結構ですので、定規を使ってまっすぐな線を書いてみて下さい。最初は縦に、続いて横にという具合に進めていきます。このトレーニングで重要なのは「肘をきちんと使うこと」です。

定規を使えば肘を固定しても手首の動きだけでまっすぐな直線を書くことができてしまいますが、このトレーニングは「肘を使ってまっすぐな直線を書く感覚を身につけること」が目的であり、フリーハンドでもまっすぐな直線を書けるようになるためのトレーニングですから、肘をしっかりと使って練習するようにして下さい。

フリーハンドでまっすぐな線を書くトレーニング

定規を使った練習で感覚がつかめてきたら、次はフリーハンドで書いてみましょう。

ここでも、もちろん肘を使うことがポイントになります。最初はきれいに線が書けなくても、練習を重ねていけば必ずまっすぐな線が書けるようになりますから、とにかく肘を使うことだけは忘れないで下さい。

フリーハンドである程度まっすぐな線が書けるようになったら、次は罫線が入ったノートやレポート用紙を用意して下さい。(罫線が入っているものでしたら、どんなものでも大丈夫です。)

そして、この罫線に沿ってフリーハンドで上から下へまっすぐな線を書いていきます。縦の線が終わったらノートの向きを変え、同じ要領で横の線も練習していきます。

このトレーニングが効果的な理由

「トレーニング」という割には、拍子抜けするほど簡単な内容だと思われたかもしれませんね。「本当にこの練習で効果があるの?」という感想をお持ちになられたかもしれません。

ただ言えることは、この練習は間違いなく効果的だということです。

字をきれいに書くためには、脳の中にきれいな字のイメージができている必要があることはすでにご説明したとおりです。

そして、まっすぐな線を書くことも字を書く行為の一部である以上、トレーニングの方法は同じになります。つまり、実際に手を動かすことで、まっすぐな線のイメージをあなたの脳に焼き付けることが大切になるわけです。

退屈なトレーニングかもしれませんが、これはきれいな字を書くためには欠かせない練習方法なのです。

人気の上達法

随時更新中

第1位
伝統山下流
DVDでペン字指導の第一人者のノウハウが学べる画期的な商材。「書き方の法則」を知らないと字はきれいになりません。当サイト管理人も実践したイチオシ上達法!
第2位
がくぶん
がくぶん総合教育センターが運営する日ペンの通信講座。
第3位
ユーキャン
通信講座最大手、生涯学習のユーキャンによる通信講座。