ポイントは肘!

まっすぐな線は、実は肘を上手く使うことで書けるようになります。つまり、きれいな字を書くには肘がポイントになるということです。

サイトマップ

ポイントは肘!
トップ > ポイントは肘!

まっすぐな線は、実は肘を上手く使うことで書けるようになります。つまり、きれいな字を書くには肘がポイントになるということです。この事実を知らない人は意外に多くいるようですが、肘を使わないまま練習しても字はなかなか上達しません。ここはきれいな字を書くためには欠かせないポイントですので、しっかり覚えておくようにしましょう。

きれいな字の秘訣は肘にあり!?

それでは、きれいな字を書くためのポイントとなる「肘」についてですが、結論から言うと、肘が自然に動いていることがきれいな字を書く秘訣になります。

まず、肘がどれくらい動くかというと「字の大きさに比例する」ことになります。ですから、肘を使うといっても、意識的に大きく動かすわけではありません。ボールペンで書いている線の長さだけ、細かく動くものとイメージして下さい。

肘を動かすことばかりに意識がいくと、今度は手がほとんど動かなくなる人がいます。どちらか片方ではなく、手と肘が同時に連動して字を書くのが理想的な動きになります。

あまり考えすぎるとぎこちない動きになりますから、「手と肘を動かす」というよりも「手も肘も固定しない」と考えるといいかもしれません。

そのためには、「正しい姿勢(字を書き始めるまでのポイント)」でもご説明しましたが、肘を机の上にのせて書いてはいけません。肘を机の上に置くと動きが固定されてしまいますから、肘は必ず机の外側に出しておくようにして下さい。

肘を固定したままきれいな字が書けない理由

肘を使うことの重要性は、肘を使わない人の字を見ると理解しやすいと思います。より分かりやすくするために、肘を使って書いた線と、肘を固定して書いた線を比較してみましょう。

まず、肘を使って線を書いてみて下さい。

肘を使って書いた線

肘を使えば途中で曲がることなくまっすぐな線を書けると思います。

次に、肘を固定したまま線を書いてみて下さい。

肘を使わないで書いた線

肘を固定して線を引くということは、使えるのは手首と指先だけになります。つまり、手首と中心とした半円を書く動きで線を引くことになりますから、線が長くなればなるほど曲がりやすくなるはずです。

線が長くなってもまっすぐになるように指先で調整することはできますが、調整できる長さにも限界があり、ある程度の長さになると必ず曲がってしまいます。そのため、文字を書ける範囲がどうしても狭くなり、クセ字になりやすい傾向があります。

その他にも、力がすべて手首だけにかかってしまうので手がすぐに疲れてしまうという見逃せないデメリットもあります。たまに「字の書きすぎで腱鞘炎になった」と言う人がいますが、実は、肘が固定された状態で手首だけで書いていることが本当の原因ということが少なくないのです。

人気の上達法

随時更新中

第1位
伝統山下流
DVDでペン字指導の第一人者のノウハウが学べる画期的な商材。「書き方の法則」を知らないと字はきれいになりません。当サイト管理人も実践したイチオシ上達法!
第2位
がくぶん
がくぶん総合教育センターが運営する日ペンの通信講座。
第3位
ユーキャン
通信講座最大手、生涯学習のユーキャンによる通信講座。