正しいペンの持ち方

ペンの持ち方は自己流になっている人が多いので、正しい持ち方ができているかチェックしてみましょう。

サイトマップ

正しいペンの持ち方
トップ > 正しいペンの持ち方

きれいな字を書くためには、ペンの持ち方も大切なポイントになります。ペンの持ち方は自己流になっている人が多いので、正しい持ち方ができているかチェックしてみましょう。

正しいペンの持ち方とは?

正しいペンの持ち方ですが、言葉で説明するより実際に写真を見てもらった方が早いと思いますので、下の写真と自分の手を見比べながら、正しい持ち方になっているか確認してみて下さい。

前から見た持ち方
斜めから見た持ち方
下から見た持ち方

ボールペンは、紙に当てた時の角度が、横から見たときにだいたい50度くらいになるのが良いと言われています。また、後ろから見たときに少し右側に傾けて書くようにすると、自分の書いた字を手で隠すことなく、しっかりと確認しながら書くことができるようになります。

横から見た持ち方

ボールペンは、親指・人差し指・中指の三本の指でしっかりと持ちますが、ペンの胴体の部分は、人差し指の第二関節から親指の付け根あたりに置くのが一般的です。

こんな持ち方になっていませんか?

よくあるケースとして、ペンの持ち方の悪い例をいくつか紹介したいと思います。自分のペンの持ち方が、ここで紹介する例に当てはまっていないかチェックしてみましょう。

恐らく、間違ったペンの持ち方で一番多いのが・・・

ペンを持つ際の力の入れ方

あなたはボールペンを持つとき、力をどのくらい入れているでしょうか?また、どの指に一番力を入れているでしょうか?

おそらく多くの方は、ペンを持つ指、つまり「親指、人差し指、中指」に力を入れていると思います。直接ペンを握るその3本の指に力が入るのは自然なことなのですが・・・

人気の上達法

随時更新中

第1位
伝統山下流
DVDでペン字指導の第一人者のノウハウが学べる画期的な商材。「書き方の法則」を知らないと字はきれいになりません。当サイト管理人も実践したイチオシ上達法!
第2位
がくぶん
がくぶん総合教育センターが運営する日ペンの通信講座。
第3位
ユーキャン
通信講座最大手、生涯学習のユーキャンによる通信講座。