バランスの取り方

きれいな字を書くためには、まずは字そのもののバランスがとれていることが大切です。

サイトマップ

バランスの取り方
トップ > バランスの取り方

きれいな字を書くためには、まずは字そのもののバランスがとれていることが大切です。ここでは、バランスを取るために必要な方法について確認してみましょう。

まずは書く位置と体の中心を合わせる

バランスのよい字を書くには、書く位置と体の中心を合わせておく必要があります。

書く位置とは、これから自分が書こうと思っている行のことだと思って下さい。便箋のように最初から線が入っているものであれば、これから書こうとしている行のことになりますし、もし線が入っていない紙に書くのであれば、自分で行をイメージして下さい。

次に、先ほどイメージした行と自分の体の中心(おへそ)を合わせます。

字や文章の中心を意識すべきときに、体の中心が書く位置と合っていなければ、とてもじゃないですが、きれいな字・文章にはなりません。バランスの取れた字を書く前提として、書く位置と体の中心を合わせることを忘れないで下さい。

実際に文章を書いていくと、体の中心と書く位置が少しずつずれていく傾向にありますから、そうなった場合は(体を動かすのではなく)紙を動かして、書く位置を体の中心に合うように修正するようにします。

字の中心(線)を考える

そして最後に、字そのものの中心を考えます。

ご存じのとおり、日本語には「漢字」「ひらがな」「カタカナ」とありますが、字の中心の考え方は一緒です。その字の外形をとったちょうど真ん中の位置が中心になり、中心を通る縦にまっすぐな線が中心線となります。

サンプル

字のバランスを取るときは、この中心線を意識することが特に重要になります。

最も分かりやすい例として、漢字の「十」を書いてみて下さい。「十」は縦画がちょうど中心を通る字なので分かりやすいのではないでしょうか。

このように、中心をはっきりと通る線がある場合はバランスを取りやすい反面、少しでも中心からずれると一気にバランスが悪くなります。バランスが取れているかどうかが分かりやすい漢字であるからこそ、最大限の注意を払って書くようにしましょう。

その他に注意して欲しいケースとして、中心線を境にほぼ左右対称になるように書く漢字があります。例えば「日」という漢字が該当しますが、やはり字の中心が中心線を通っていないと非常にバランスが悪く見えてしまいますので注意が必要です。

人気の上達法

随時更新中

第1位
伝統山下流
DVDでペン字指導の第一人者のノウハウが学べる画期的な商材。「書き方の法則」を知らないと字はきれいになりません。当サイト管理人も実践したイチオシ上達法!
第2位
がくぶん
がくぶん総合教育センターが運営する日ペンの通信講座。
第3位
ユーキャン
通信講座最大手、生涯学習のユーキャンによる通信講座。