きれいな字とは?

字を上手に書かえるように練習する前に、まずは「きれいな字」とはどのような字であるのかを頭で理解しておきましょう。

サイトマップ

きれいな字とは?
トップ > きれいな字とは?

一概に「きれいな字」といっても、どのような字のことをきれいな字と呼べるのでしょうか。字を上手に書かえるように練習する前に、まずは「きれいな字」とはどのような字であるのかを頭で理解しておきましょう。

きれいな字の特徴とは?

きれいな字の定義として、絶対にはずせない2つのポイントがあります。それは、まっすぐな線がきれいに引けていることと、字のバランスがとれていることです。

字は線と点の組み合わせで出来ています。その中でも、まっすぐな線には「止める線」「払う線」「はねる線」の三種類がありますが、これら頻繁に使う線をきれいに書けないと(つまりまっすぐに線を引けないと)字はきれいに書けません。

逆に、すべての線がどれかに分類されますから、まずはこの三種類の線を上手に書ければよいとも言えます。

もうひとつのポイントである「字のバランス」についてですが、最初のポイントである「まっすぐな線をきれいに書く」ことができないと、上手くバランスをとることもできなくなります。ですので、まずはまっすぐな線をきれいに書くことを意識し、その上で字のバランスをとっていくことが求められるのです。

バランス次第で全体の印象が変わる

字そのものはきれいなのに、文章全体を眺めるとなんとなくきれいに見えないということはないでしょうか。逆のパターンで、字そのものは上手というわけではないのに、非常にまとまって見えることもあります。

これは、文章全体として見たときのバランスの影響によるものです。字そのもののバランスも大切なのですが、実はそれ以上に全体のバランスが整っていることが重要なのです。

では、全体のバランスを整えるためにはどうすればいいのでしょうか。

それは、文章に「中心線を通す」ことです。文章として字を書いたときに、中心線が通っているかいないかで印象は劇的に変わります。

どんなに字をきれいに書いてたとしても、文章として中心線が通っていなければ字はきれいに見えないのです。ですので、きれいな字を書きたいのであれば、それと同じくらい(もしくはそれ以上に)文章に中心線を通すことを意識して下さい。

人気の上達法

随時更新中

第1位
伝統山下流
DVDでペン字指導の第一人者のノウハウが学べる画期的な商材。「書き方の法則」を知らないと字はきれいになりません。当サイト管理人も実践したイチオシ上達法!
第2位
がくぶん
がくぶん総合教育センターが運営する日ペンの通信講座。
第3位
ユーキャン
通信講座最大手、生涯学習のユーキャンによる通信講座。